ウインレーシングクラブ
ホーム プライバシーポリシー サイトマップ
よくある質問はこちらから お問い合わせはこちらから
ウインについて 会員募集 募集馬情報 出資申込み 出走情報 所属馬情報 MOREウイン
ホーム > 近況 ( 所属馬情報 )
近況
ウインレーベン
馬コード : 20110039 / 父 : ハーツクライ / 母 : ユーワジョイナー / 牡 / 栗東・中村均
更新日
 2017年4月27日(木)
 来週の新潟での出走を予定しているウインレーベンは、昨日26日(水)に坂路にて追い切りが行われました。単走でスタートし、前半はガッチリ抑えて進み、後半につれてゆっくりとペースアップする内容で、最後は強めに追われてフィニッシュしていました。時計は4F55秒4、ラスト1F12秒7でした。
 中村調教師は「馬場が重い中、ラスト1F12秒7は優秀ですね。毛ヅヤも良く、体調は良さそうですし、来週へ向けて順調です」と報告していました。
 また、岩崎厩務員は「相変わらずカイバは食べていますし、もう470キロを超えるところまで戻っています。ただ、前走大きく数字が減っていたとはいえ、その前の2走が大幅プラスだっただけに、そこまで細い感じはありませんでしたからね。しかし、カイバを食べなかったというのが問題で、それで力を出せなかったというのはあると思いますので、次も到着してからの感じが重要ですね」と話していました。
 なお、追い切り明けの本日27日(木)は運動のみで様子が見られていました。
更新日
2017年4月20日(木)
 新潟での出走を予定しているウインレーベンは、昨日19日(水)はCWコースでキャンターを消化し、本日20日(木)はCWコースにて追い切りがかけられました。単走でゆったりとしてペースで進むと、直線も持ったままで脚を伸ばしてゴールしています。時計は6F86秒6、ラスト1F12秒7でした。
 岩崎厩務員は「トレセンではメチャクチャカイバ食いはいいですし、その後はすぐに寝たりしていますし、食べて寝てと堂々とした態度なんです。もう年齢を重ねているので、これくらいは当たり前なんですが、いざ競馬で輸送をすると、競馬場ではナーバスなところを見せて、カイバを食べないんですよね。なんでなんでしょう」と首を傾げていました。
 続けて、「それでも、馬体面では疲れはありませんし、状態は良さそうですからね。新潟はバンケットがないので、スクーリングがなければ、早めに競馬場に入ることもありませんし、そうなれば滞在時間が少ないので、前回ほど馬体が減るということもないと思います。そうなれば巻き返しがあってもおかしくはないでしょう」と話していました。
 なお、次走は再来週の新潟2週目(5月6、7日)に組まれている障害未勝利・芝2890mのどちらかに平沢騎手で向かう予定です。
更新日
2017年4月13日(木)
 先週の福島の障害戦では、道中の障害で不安定な飛越も見せ、1番人気を裏切る形となってしまったウインレーベン。レース後は、脚元などには問題はなく、本日13日(木)からCWコースにてキャンター調整が行われています。
 岩崎厩務員は「スクーリングのため、早く福島入りしたのですが、カイバを食べなかったのは誤算でした。到着時は多少食べたのですが、金曜日にスクーリングをしてから、その日はほとんどカイバに手をつけなかったんです。歴戦の古馬で、輸送も何度も経験しているのですが、精神的に少し繊細な部分があるんですよね。マイナス14キロで、見た目にはそこまで細くは見えませんでしたが、スクーリングをしていながらカイバは食べていないので、力が出なかったということはあったかもしれません」と到着してからの様子を語っていました。
 続けて、「ジョッキーは、『内の窮屈なところに入ったのが良くなかった』と話していましたし、外をのびのびと走れていたら飛越も違ったと感じます。前に馬がいれば、距離感から自然と慎重にもなりますし、初戦とは違って、飛越にバラつきがあったのは、その影響もあったと思います。それでも、最後は差を詰めていたように、悲観する内容ではなかったと思いますよ。勝ち負けできる力はありますし、次また頑張ります」と巻き返しを誓っていました。
 なお、次走は中3週で、新潟2週目(5月6、7日)に組まれている障害未勝利・芝2890mのどちらかに平沢騎手で向かう予定です。
更新日
2017年4月6日(木)
 今週の出走を予定しているウインレーベンは、昨日5日(水)に平沢騎手が騎乗し、向正面の流し障害を飛ばすと、その後CWコースへ移動し、最終追い切りがかけられました。6F地点からピッチを上げ、前向きさを見せ、前半からいいペースで進むと、最後まで馬なりのままゴールしています。時計は6F83秒5、ラスト1F13秒0でした。
 平沢騎手は「除外でかなり延びた影響で、多少硬さは出てきましたが、息の入りや体のハリなんかは、乗り込めた分良くなっています。追い切りはあまりやり過ぎないように心掛けましたが、気持ちが入ったいい動きを見せてくれました。福島の低い障害の方がレーベンには合っていると思いますし、あとは特殊なバンケットで戸惑わなければ、十分勝ち負けになると思います」と自信も覗かせていました。
 そして本日6日(木)は運動を消化し、午後からの出馬投票で今週の福島土曜4R障害未勝利・芝2750mに平沢騎手で出走が確定しており、本日午後には福島競馬場へ向けて出発しています。
 中村調教師は「土曜日の競馬になり、金曜日の朝にスクーリングをすることになったので、本日出発しています。追い切りの動きも良かったですが、その前の障害練習でもハミをグッと取って、障害に向かって行く姿勢は好感が持てました。前回の内容からも勝つチャンスは十分あると思いますし、期待しています」と話していました。
所属馬情報
所属馬一覧
戦績
近況
調教タイム
アルバム
会員様専用マイページ
会員ID
パスワード
会員様専用マイページへ初めてログインされる方はこちら
所属馬検索
育成場のご紹介
ホームウインについて会員募集募集馬情報出資予約出走情報所属馬情報MORE ウインお問い合わせよくある質問サイトマッププライバシーポリシー
Copyright 2002-2012 Win Racing Club. All Rights Reserved.
ウインレーシングクラブ携帯サイトはこちらのQRコードから
ウインレーシングクラブでは、
セキュリティー保護のため
暗号化通信を導入しています。