ウインレーシングクラブ
ホーム プライバシーポリシー サイトマップ
よくある質問はこちらから お問い合わせはこちらから
ウインについて 会員募集 募集馬情報 出資申込み 出走情報 所属馬情報 MOREウイン
ホーム > 近況 ( 所属馬情報 )
近況
ウインベラシアス
馬コード : 20140001 / 父 : スクリーンヒーロー / 母 : アイアムトゥルー / 牡 / 栗東・西園正都
更新日
2017年12月14日(木)
 中1週で今週の出走を予定しているウインベラシアスは、昨日13日(水)に坂路にて追い切りがかけられました。相手は古馬500万下レッドラトナで、ベラシアスが追走してスタート。前半はガッチリ抑えて相手を見ながらゆっくりと進み、後半は軽く仕掛けられると一気に前を捉え、最後は半馬身ほど出たところがゴールでした。時計は4F55秒8、ラスト1F12秒4でした。
 渡辺調教助手は「前を目標に仕掛けたのですが、反応良く先着してくれましたね。いつもは追い通しでしぶとく先着する馬が、スッと反応できるようになっていますし、使いつつ間違いなく状態は上向いています。前走でもあれだけおとなしかった馬が、パドックでグイグイと引っ張るところもあったように、気持ちも前向きになってきています」と状態を説明していました。
 また、初ダートについては「ダートに関しては走ってみないとなんとも言えませんが、乗ったジョッキーみんなが『ダートは合う』と話していましたし、ワンペースなところがあるので、向いている可能性はあると思いますよ。出脚も速いので砂を被ることはないでしょうし、ダートならラストにビュンとキレる馬もいないでしょうから、そのまま押し切れるのではないかと思っています。不安より期待の方が大きいですよ」と話していました。
 そして本日14日(木)はプール調教を消化し、午後からの出馬投票で今週の阪神土曜8Rダート1800mに岩田騎手で出走が確定しています。
更新日
2017年12月7日(木)
 先週の中京では、スタートを決めてハナを奪い、直線でも手応え十分でしたが、最後はキレ負けしてしまったウインベラシアス。レース後は脚元などに問題はなく、本日7日(木)から坂路で乗り始めています。なお、次走はダートへの出走が決まり、中1週で来週の中京のダート1800m、1900m、阪神のダート1800mなどが候補として挙がっています。
 田中調教助手は「ゲートも問題なく、いい形で直線へ向けたんですけどね。これが小倉などの小回りの競馬場なら押し切っていたのでしょうが、直線の長い芝コースだとどうしてもキレる馬にやられてしまいます。菱田騎手も『ダートがいいのでは?』と話していましたし、過去に乗った藤岡佑騎手と松山騎手も同じことを言っていたんです。先行力もある馬ですし、パワーもあるので、ダートで変わる可能性は十分にあると思っています」と話していました。
更新日
2017年11月30日(木)
 今週の出走を予定しているウインベラシアスは、昨日29日(水)に坂路にて最終追い切りがかけられました。相手は2歳未勝利ビッグウェーブで、ほぼ同時にスタートし、前半は馬なりのまま進みます。残り2F過ぎで一発ムチが入ると、その後はしっかりと加速し、後半を12秒4、12秒5という好タイムでまとめていました。全体時計は4F52秒9でした。
 渡辺調教助手は「ムチは一発だけでしたし、最後は余裕もあったほどでしたよ。前回は休み明けという感じがありましたが、そこを叩いて間違いなく状態は上向いていると思います。ゲートもしっかりと練習を積みましたし、前回は自分がもう1頭の馬で東京へ行っていたのですが、今回は自分がちゃんとゲートまで付いていきますので、大丈夫だと思っています。松山騎手も、前走の返し馬で成長を感じてくれたようですし、ゲートさえ問題なければ、チャンスはあるはずですよ」と前向きに語っていました。
 また、西園調教師は「ゲートもそこまでひどくはないものの、しっかりと縛りまで行いましたから、もう心配はないでしょう。春は重賞で見せ場があった馬ですし、500万の平場なら十分やれると思いますよ。ジョッキーは初騎乗になりますが、癖をしっかり伝えますので、先手を奪って早めに追い出し、押し切って欲しいですね」と話していました。
 そして本日30日(木)は軽めの運動をこなし、午後からの出馬投票で今週の中京土曜9R芝2200mに菱田騎手で出走が確定しています。
更新日
2017年11月23日(木)
 先週はゲート練習に専念したウインベラシアスは、週末19日(日)にはCWコースで軽めの追い切りが行われ、4F60秒6、ラスト1F13秒1という時計をマークしています。
 今週は、昨日22日(水)は坂路からCWコースでキャンターを消化し、本日23日(木)は坂路にて追い切りがかけられました。相手は古馬500万下ジオラマで、ほぼ同時にスタートし、2F目から13秒台にペースアップします。後半から鞍上の手が動くと、最後の1Fは一杯に追われたベラシアスがしぶとくクビほど出たところがゴールとなっています。時計は4F53秒5、ラスト1F12秒5でした。
 西園調教助手は「最後までしっかりと動けていましたし、動きは良かったですよ。来週で十分行けると思います」と話していました。
 また、渡辺調教助手は「今はカイバ食いはいつも通り抜群にいいのですが、馬体はそこまで太くありません。調子がいい時はプールに行きながらという形が良かったので、今は体を絞る必要はないものの、今週からプールにも入れ始めました。ゲートももう心配はないですし、今度は違ったところを見せられると思います」と話していました。
 なお、次走は来週の中京土曜9R芝2200mを菱田騎手との初コンビで向かいます。
所属馬情報
所属馬一覧
戦績
近況
調教タイム
アルバム
会員様専用マイページ
会員ID
パスワード
会員様専用マイページへ初めてログインされる方はこちら
所属馬検索
育成場のご紹介
資料請求
出資予約
ホームウインについて会員募集募集馬情報出資予約出走情報所属馬情報MORE ウインお問い合わせよくある質問サイトマッププライバシーポリシー
Copyright 2002-2012 Win Racing Club. All Rights Reserved.
ウインレーシングクラブ携帯サイトはこちらのQRコードから
ウインレーシングクラブでは、
セキュリティー保護のため
暗号化通信を導入しています。