ウインレーシングクラブ
ホーム プライバシーポリシー サイトマップ
よくある質問はこちらから お問い合わせはこちらから
ウインについて 会員募集 募集馬情報 出資申込み 出走情報 所属馬情報 MOREウイン
ホーム > 近況 ( 所属馬情報 )
近況
ウインポプリ
馬コード : 20140020 / 父 : アイルハヴアナザー / 母 : アルカネット / 牝 / 美浦・松山将樹
更新日
2017年12月14日(木)
 来週の中山日曜6Rダート1800m牝馬限定戦で約半年ぶりに復帰予定のウインポプリは、昨日13日(水)にWコースで1週前追い切りがかけられました。
 ポプリが内側を回り、外に古馬500万下エレクトリイオネが馬体を並べて5Fからペースアップ。直線ではポプリがやや劣勢気味の手応えでしたが、最後まで併走状態を保ってゴールとなっています。時計は5F71秒5、ラスト1F13秒2でした。
 松山将調教師は「5F70秒〜4F40秒程度でしたが、ほぼ予定していた通りの負荷がかけられましたし、来週の出走に向けて順調ですね。休み明けの分、まだ少し馬がボケッとしているところがあり、追い切りでも少し促す形になるのはその影響でしょう。一度使ったほうがさらに良くなりそうですが、お時間をいただけたことで休み明けとしては悪くない仕上がりで臨めると思います」と語っていました。
 なお、追い切り明けの本日14日(木)は軽めの運動をこなしていました。
更新日
2017年12月7日(木)
 年末の出走を目指してじっくりと乗り込みを進めているウインポプリは、昨日6日(水)は北馬場でキャンター調整をこなし、本日7日(木)にはWコースで追い切りがかけられました。古馬500万下エレクトリイオネとの併せ馬で、ポプリがインコースを併走。直線は互いに強めに追われて最後まで競り合いが続いてのゴールとなっています。時計は5F69秒5、ラスト1F12秒8でした。
 松山将調教師は「単走だと前向きさを欠く面があるので、今朝は併せ馬を付けましたが、ほぼ予定していた通りのタイムでしたし、満足のいく追い切りになりました。先週までの時点はもうひと息といった印象でしたが、動き、息遣いとも前進してきましたね。まだレースまで2週間ありますし、良い仕上がりで復帰戦に臨めると思います」と語っていました。
 なお、次走は、12月24日、中山日曜6Rダート1800m牝馬限定戦を予定しています。
更新日
2017年11月30日(木)
 夏の函館で初勝利を挙げた後、休養に入っていたウインポプリが、先週24日(金)に美浦トレセン・松山厩舎へ帰厩しています。
 昨日29日(水)にはWコースで帰厩後1本目の追い切りがかけられました。2歳新馬ブラックソーンとの併せ馬で外を併走したポプリは、直線ではやや強めに追われて2馬身ほど抜け出したところでゴールを迎えています。時計は5F69秒8、ラスト1F13秒5でした。
 松山将調教師は「入厩後数日は以前のようにどこに飛んでいくか分からないような挙動不審な動きをする仕草も見られましたが、今はスムーズに調教に取り組むことができています。きっと久々の環境ということもあったのでしょう。休み明けの分、動きも良い頃に比べてもうひとつという感じですが、あとは乗り込んで中身が伴ってくれれば問題ないと思います。年末あたりの出走を目指してじっくりと時間をかけて進めていこうと思っています」と語っていました。
 追い切り明けの本日30日(木)は軽めの運動をこなしていました。
更新日
2017年11月24日(金)
 本日24日(金)に茨城県・鉾田市のビッグレッドファーム鉾田を退厩、美浦トレセン・松山厩舎へ入厩しています。
 ビッグレッドファーム鉾田の担当者は「今週22日(水)には坂路で追い切りを行い、2F28秒程度のタイムをマークしました。動き自体、先週と大きな変化はありませんでしたが、ここまでしっかりと乗り込めた分、調子が上向いてきた印象です。まだ仕上がり途上という感じもしますが、あとはトレセンで乗り込めば態勢は整いそうです。馬体重は475キロでした」と話していました。
所属馬情報
所属馬一覧
戦績
近況
調教タイム
アルバム
会員様専用マイページ
会員ID
パスワード
会員様専用マイページへ初めてログインされる方はこちら
所属馬検索
育成場のご紹介
資料請求
出資予約
ホームウインについて会員募集募集馬情報出資予約出走情報所属馬情報MORE ウインお問い合わせよくある質問サイトマッププライバシーポリシー
Copyright 2002-2012 Win Racing Club. All Rights Reserved.
ウインレーシングクラブ携帯サイトはこちらのQRコードから
ウインレーシングクラブでは、
セキュリティー保護のため
暗号化通信を導入しています。