ウインレーシングクラブ
ホーム プライバシーポリシー サイトマップ
よくある質問はこちらから お問い合わせはこちらから
ウインについて 会員募集 募集馬情報 出資申込み 出走情報 所属馬情報 MOREウイン
ホーム > 近況 ( 所属馬情報 )
近況
ウインパソドブレ
馬コード : 20140023 / 父 : アイルハヴアナザー / 母 : コスモダンスナイト / 牝 / 栗東・宮本博
更新日
2017年5月25日(木)
 デビューへ向けて調整を進めているウインパソドブレは、昨日24日(水)にCWコースにて追い切りがかけられました。相手は2歳新馬ノーブルジャーニーで、高倉騎手騎乗のパソドブレが外に位置取り、併走で6Fからピッチが上がります。直線でもまだ手応えに余裕があるパソドブレは、最後は強めに追われて、相手に先着していました。時計は6F87秒4、ラスト1F12秒6でした。
 高倉騎手は「併せていてもまだフワフワしていましたし、幼さが残っていますね。ただ、競馬を経験していかないとこのあたりは変わりませんし、競馬を使いながら良くしていった方がいいと思います。あとは硬さがある馬なので、芝のペースアップにはスッと対応できそうにはない感じがしますし、現時点ではダートの方が良さそうなイメージです」と感触を話していました。
 また、宮本調教師は「少しずつ落ち着きも出てきていますし、先週よりは動きは良かったですね。高倉の言うように、まずは勝ち負けは抜きにして競馬を使っていかなくてはいけませんので、来週の競馬から行きましょう」と来週のデビューを決めていました。
 そして本日25日(木)は軽めの運動を消化していました。なお、デビュー戦は、来週の阪神土曜3Rダート1800m牝馬限定戦、もしくは阪神日曜1Rダート1400m牝馬限定戦などが候補に挙がり、ジョッキーは3キロ減の川又騎手を予定しています。
更新日
2017年5月18日(木)
 アクシデント後は、デビューへ向けて調整を再開しているウインパソドブレは、週末14日(日)に坂路で4F58秒6、ラスト1F14秒2という時計を馬なりでマークしています。
 今週は、昨日17日(水)にCWコースにて追い切りがかけられました。相手は高倉騎手騎乗の2歳新馬ノーブルジャーニーで、半マイルからゆっくりとピッチが上がります。2頭とも楽な手応えで直線に向きましたが、最後はパソドブレの鞍上の手応えが怪しくなり、劣勢でゴールしていました。時計は56秒2、ラスト1F12秒8でした。
 宮本調教師は「2歳馬相手に半マイルからの時計でしたが、それでも一杯一杯になってしまいました。放馬に絡まれたアクシデントで少し休ませていた期間があり、中身が緩んでしまった印象です」と追い切りを説明していました。
 また、吉田調教助手は「2歳馬相手でしたし、もっと楽に動けるかと思いましたが、厳しかったですね。カイバはしっかり食べて今はおとなしいですし、本来であればビシビシやっていきたいのですが、おそらく追い詰めていくとまたパニックになってしまいそうな雰囲気があります。かと言って、軽めでデビューさせるわけにもいきませんし、難しいところです」と頭を悩ませていました。
 なお、追い切り明けの本日18日(木)は常歩運動を消化していました。
更新日
2017年5月11日(木)
 放馬に絡まれ、再び怪我を負ってしまったウインパソドブレ。その後の経過は順調でしたが、先週末6日(土)の調教の際にも運悪く、再び放馬の馬が近くを勢いよく通り過ぎるアクシデントに見舞われてしまいました。
 宮本調教師は「また馬がパニックになってしまい、本当に危なかったのですが、担当者がうまく対応してくれて、怪我はありませんでした。馬も精神的にかなり追い詰められているみたいですね。本当は放牧して精神面をリセットさせてあげたいところですが、未勝利馬で、ましてやデビューもまだしていない馬ですから、ゆっくりしている時間はありません。幸い脚の怪我はスッキリしてきましたし、このまま進めていきたいと思います」と状況を説明していました。
 今週は、昨日10日(水)、本日11日(木)共に坂路を普通キャンターで1本上がっていました。
更新日
2017年5月4日(木)
 新潟のデビューに向けて調整を進めていたウインパソドブレですが、先週末28日(金)に放馬した馬の影響を受け、スイッチが入って暴れてしまい、鞍上を乗せたまま、止めてあったバイクを飛び越えようとし、そこに激突。右前ヒザの上あたりに大きな腫れを作ってしまいました。レントゲン検査の結果、骨に異常はなく、今は腫れも小さくなり、少しずつ下に下がってきていますが、現在は軽い引き運動のみの調整となっています。
 宮本調教師は「以前の左ヒザの怪我に加え、再びこんな形になってしまい、本当に申し訳ありませんでした。幸い大きな傷ではないので、様子を見てこのまま調整していく予定ですが、気にするようなら一度放牧に出すことも考えています」と頭を下げていました。
 また、吉田調教助手は「この度は申し訳ありませんでした。放馬した馬が凄い勢いで後ろから来て、もうそこからパニックになってしまいました。目がおかしかったですし、周りが見えず、とにかく追い込まれてしまっているようでした。何とか落とされないようにしていたのですが、どうやっても制御できませんでした。そしてそのままバイクに突っ込み、バイクを大破させるくらいだったので心配しましたが、幸い骨などに異常はなくて良かったです。前回の左ヒザの時もそうでしたし、追い切りを始めると精神的に追い詰められる面があるようですね。この後、また進めた時にこういった風にならなければいいのですが・・・」と状況を説明していました。
所属馬情報
所属馬一覧
戦績
近況
調教タイム
アルバム
会員様専用マイページ
会員ID
パスワード
会員様専用マイページへ初めてログインされる方はこちら
所属馬検索
育成場のご紹介
資料請求
ホームウインについて会員募集募集馬情報出資予約出走情報所属馬情報MORE ウインお問い合わせよくある質問サイトマッププライバシーポリシー
Copyright 2002-2012 Win Racing Club. All Rights Reserved.
ウインレーシングクラブ携帯サイトはこちらのQRコードから
ウインレーシングクラブでは、
セキュリティー保護のため
暗号化通信を導入しています。