ウインレーシングクラブ
ホーム プライバシーポリシー サイトマップ
よくある質問はこちらから お問い合わせはこちらから
ウインについて 会員募集 募集馬情報 出資申込み 出走情報 所属馬情報 MOREウイン
ホーム > 近況 ( 所属馬情報 )
近況
ウインスーペリア
馬コード : 20140037 / 父 : キングヘイロー / 母 : モガミヒメ / 牡 / 栗東・西園正都
更新日
2017年4月21日(金)
 京都府・綴喜郡の宇治田原優駿ステーブルにて調整中。1周600mのダートコースにてキャンター1800m、坂路をキャンターにて1本消化しています。
 担当者は「今週18日(火)から乗り始め、現在は普通キャンターまでペースを上げています。特に目立ったダメージはありませんでしたし、毛ヅヤも良く、体調は良さそうです。環境が変わりましたが、カイバは食べていますし、馬体重は460キロです」と話していました。
更新日
2017年4月13日(木)
 先週の阪神でのデビュー戦は、スタートを決めて2番手で競馬をしたものの、最後の直線では脚が上がってしまったウインスーペリア。西園調教師は「あの止まり方を見ると、やはり距離が長かったのだと思います。レース後も馬体に問題ありませんが、短距離を使うのにはもうこのタイミングしかありません。未勝利戦も最後の方になると、悠長に放牧に出して節を溜めるというわけにもいきませんからね。一度使っての上積みはありますし、本当は続けてレースを使っていきたいところですが、ここは放牧して節を溜めて、次走は芝のマイルあたりを使いましょう。追い切りも動きますし、レースではセンスも見せましたから、使い方次第ではなんとかなる馬ですから」と放牧を決断していました。
 なお、スーペリアは、明日14日(金)に京都府の宇治田原優駿ステーブルへ放牧に出ます。
更新日
2017年4月6日(木)
 今週のデビューを予定しているウインスーペリアは、昨日5日(水)に坂路にて最終追い切りがかけられました。相手は3歳未勝利メイショウワンモアで、スーペリアが追走してスタート。2F目からピッチを上げ、12秒台で進むと、ラスト1Fはムチが入りビッシリ追われます。そこからグイッともうひと伸びしたのがスーペリアで、最後は相手に1馬身の先着フィニッシュしています。時計は4F52秒7、ラスト1F12秒7でした。
 松尾調教助手は「全体時計も良かったですし、最後もしっかりと踏ん張っていました。いい動きだったと思います」と追い切りに高評価を与え、「来た時はとにかく毛が長く見栄えが悪かったのですが、今はそれが抜け落ちて毛ヅヤが良くなり、別馬のようになりました。さらには今日の追い切りの後もペロッとカイバを食べているように、とにかく食欲が落ちないんです。追い切りを課しながら食いが落ちないのは本当に頼もしいですし、それだけ充実しているのだと思います。初出走になりますが、ゲートもマズマズ出てくれますし、この距離のペースなら普通に馬群で競馬はできると思います。あとは初めての分、最後まで息が持つか、そして距離適性がどうかというところだと思いますが、能力はある馬だと思っていますし、初戦からいい競馬を見せて欲しいですね」と前向きに話していました。
 そして本日6日(木)は運動のみで楽をさせてもらい、午後からの出馬投票で今週の阪神土曜4R芝2000mに幸騎手で出走が確定しています。
 西園調教師は「入厩後はしっかりと追い切りで動けていますし、馬体減りもありません。ただ、まだ成長途上だと感じますし、馬体はもう少し増えて欲しいとも感じます。初出走というのは厳しい条件ですが、ずっと併せ馬を行っていたパートナーのエイシンムジカは先週初出走で掲示板を確保しています。スーペリアも能力的には遜色はないと思いますし、まずは掲示板を目指して、次に繋げたいですね」と期待も語っていました。 
更新日
2017年3月30日(木)
 デビュー戦へ向けて調教を積んでいるウインスーペリアは、先週末24日(水)に坂路で初めての追い切りを行い、4F52秒2、ラスト1F12秒8という好タイムをマークしています。
 西園調教助手は「坂路で初めてでこの時計で動けるなら、素質はありそうですね。ここまでデビューが遅れてしまった馬ですが、今やっと軌道に乗ってきたようで、馬も良くなっています。既走馬相手のデビュー戦は楽ではないですが、使って行けばモノになってきそうですよ」といい評価を与えていました。
 今週は、昨日29日(水)に坂路にて追い切りがかけられました。幸騎手騎乗し、相手の3歳未出走エイシンムジカと同時にスタートし、後半はビッシリと追われると、最後まで2頭体をピッタリ合わせたままゴールしています。時計は4F53秒8、ラスト1F12秒4でした。
 西園調教師は「先週末の坂路での1本目といい、今週の動きといい、悪くないですね。牧場では追い切りも見ましたが、その時は動きが冴えず、体もずっと寂しかったのですが、トレセンの環境の方が合うのか、動き、体ともに良くなってきています」と好状態を伝え、「これなら来週行けるでしょう。既走馬相手のデビュー戦となると、短い距離だと前半からついていけずに厳しい戦いになる可能性が高いと思います。血統的には短距離の馬ですが、掛かるところもありませんし、まずは長いところでレースに慣らしてからの方がいいでしょう。そこを使ってみて、距離を縮めるのか、そのまま行くのかを決めたいと思っています」と来週の阪神土曜4R芝2000mを幸騎手で使うことを決めています。
 また、松尾調教助手は「追い切りに乗った幸騎手も『いい動きだった』と褒めていましたし、稽古の動きはいいですよ。これだけ攻めてきても、馬体重は増えてきていて、現在460キロ。こちらへ来た時が450キロでしたから、10キロは増えた計算です。カイバはまったく落ちませんし、牧場でなかなか体が増えなかったというのが信じられません。素質はある馬だと思いますし、なんとかひとつ勝たせて長くお付き合いしたいですね」と笑顔で語っていました。
 なお、追い切り明けの本日30日(木)は運動のみで楽をさせてもらっていました。
所属馬情報
所属馬一覧
戦績
近況
調教タイム
アルバム
会員様専用マイページ
会員ID
パスワード
会員様専用マイページへ初めてログインされる方はこちら
所属馬検索
育成場のご紹介
ホームウインについて会員募集募集馬情報出資予約出走情報所属馬情報MORE ウインお問い合わせよくある質問サイトマッププライバシーポリシー
Copyright 2002-2012 Win Racing Club. All Rights Reserved.
ウインレーシングクラブ携帯サイトはこちらのQRコードから
ウインレーシングクラブでは、
セキュリティー保護のため
暗号化通信を導入しています。