ウインレーシングクラブ
ホーム プライバシーポリシー サイトマップ
よくある質問はこちらから お問い合わせはこちらから
ウインについて 会員募集 募集馬情報 出資申込み 出走情報 所属馬情報 MOREウイン
ホーム > 近況 ( 所属馬情報 )
近況
ウインサジェス
馬コード : 20150006 / 父 : ヴィクトワールピサ / 母 : コウエイソフィア / 牡 / 美浦・清水英克
更新日
2017年12月14日(木)
 先週トレセンへ帰厩したウインサジェスは、先週末10日(日)にWコースで4F55秒3、ラスト1F13秒9という初時計をマークし、昨日13日(水)にはダートコースで最終追い切りがかけられました。
 坂路を楽走で1本上がった後、ダートコースへ移動し、内を回る2歳新馬ムーンサルトとの併せ馬でしたが、互いに馬なりのまま併入でゴールを迎えています。時計は4F54秒4、ラスト1F13秒0でした。
 そして追い切り明けの本日14日(木)は軽めの運動をこなし、午後の出馬投票では、今週の中山日曜3R芝1600mに松岡騎手で投票を行いましたが、除外となっています。
 清水英調教師は「帰厩後の動きは決して悪くありませんが、今週の出走だとまだ正直少し追い足りない印象もあったので仕上がりを考えれば除外もプラスだと思います。あとは来週も出走できるかどうかが大きなポイントになりそうです」と語っていました。
更新日
2017年12月7日(木)
 前走後、ビッグレッドファーム鉾田に放牧に出ていたウインサジェスが、本日7日(木)に美浦トレセン・清水英厩舎へ帰厩しています。
 清水英調教師は「10日競馬で来週の出走も視野にトレセンへ戻させていただきました。あとは節の問題でレースに使わせてもらえるかどうかだけですね」と語っていました。
 なお、次走は来週の中山日曜3R芝1600mを予定しています。
更新日
2017年11月30日(木)
 先週の東京では、好発を決めてスローペースの逃げを打つことができましたが、直線は後退し11着に敗れてしまったウインサジェス。前走後は目立ったダメージもなく順調で、昨日29日(水)にはトレセン内の診療所にて喉の内視鏡検査を行いました。
 その結果、DDSP(軟口蓋背方変位)の症状は認められたものの、喉鳴り(喘鳴症)に関しては問題なしとの診断が出ています。
 清水英調教師は「内視鏡検査の結果、左の弁の動きが右に比べてやや鈍くなっているものの、喉鳴りではないとの診断でした。育成時からもともとあったDDSPのみということが分かりましたから、あとは馬体が成長して良化することを待ちたいと思います。次は対策として舌を縛ってレースに臨む予定です」と語っていました。
 なお、今後は、明日1日(金)にビッグレッドファーム鉾田へ短期放牧に出る予定となっており、次走は12月24日、中山日曜4R芝1600mが候補に挙がっています。
更新日
2017年11月23日(木)
 今週のデビューを予定しているウインサジェスは、昨日22日(水)にWコースで最終追い切りがかけられました。2歳新馬マトラッセとの併せ馬でサジェスは外を回る形。手応え十分で4コーナーを回ると、直線では強めに追われる相手の動きに合わせる余裕も見せつつ併入にまとめています。時計は4F57秒0、ラスト1F13秒8でした。
 清水英調教師は「今朝もなかなかいい動きでしたね。素軽い走りをしますし、ゲートも速い部類なので、初戦から動けそうな期待は持っていますよ。喉の音は止め際で少し気になりますが、調教でも影響のある走りは見せていませんし、マイルぐらいまでなら問題なくこなしてくれるはずです。調教の走りからもいいモノは持っていそうですし、初戦からどれぐらい動けるか、楽しみにしています」と語っていました。
 追い切り明けの本日23日(木)は軽めの運動をこなし、午後の出馬投票では、今週の東京土曜5R芝1600mを松岡騎手とのコンビで出走が確定しています。
所属馬情報
所属馬一覧
戦績
近況
調教タイム
アルバム
会員様専用マイページ
会員ID
パスワード
会員様専用マイページへ初めてログインされる方はこちら
所属馬検索
育成場のご紹介
資料請求
出資予約
ホームウインについて会員募集募集馬情報出資予約出走情報所属馬情報MORE ウインお問い合わせよくある質問サイトマッププライバシーポリシー
Copyright 2002-2012 Win Racing Club. All Rights Reserved.
ウインレーシングクラブ携帯サイトはこちらのQRコードから
ウインレーシングクラブでは、
セキュリティー保護のため
暗号化通信を導入しています。