ウインレーシングクラブ
ホーム プライバシーポリシー サイトマップ
よくある質問はこちらから お問い合わせはこちらから
ウインについて 会員募集 募集馬情報 出資申込み 出走情報 所属馬情報 MOREウイン
ホーム > 所属馬一覧 ( 所属馬情報 ) > 所属馬詳細
所属馬詳細
ウインサクヤヒメ カタログ(PDF)を見る
馬コード 年齢 毛色 生年月日 1口価格 厩舎
20150029 3歳 ステイゴールド ハナノメガミ 鹿毛 2015/4/30 3.75万円 (400口) 栗東・梅田智之
馬名の意味・由来 : 木花咲耶姫。日本神話に登場する女神の名/Win Sakuyahime
近況
更新日
2018年2月15日(木) 
 今週の出走を予定しているウインサクヤヒメは、12日(月)にCWコースにて時計が出ており、6F86秒8、ラスト1F13秒6というタイムをマークしています。
 田中調教助手は「時計を出す予定ではなかったのですが、前の併せ馬を追いかけてしまい、時計が速くなってしまいました。この後の追い切りは馬なりで軽めにする予定です」と話していました。
 その後、昨日14日(水)に本番でも騎乗予定の高倉騎手が騎乗して、CWコースに追い切りがかけられました。相手は古馬500万下サイモンミラベルで、サクヤヒメが追走してスタートし、コーナーでは内から迫ります。直線では強めに追われる相手に対し、ラストまで馬なりのままでゴールしていました。最後はわずかに遅れ、時計は6F88秒7、ラスト1F12秒4でした。
 田中調教助手は「無理はしていなので遅れは問題ないのですが、馬場の入口でまったく動かず、大変でした。その手前まで自分が引いていって、相手が行き出しているのに、そこから大ゴネをするんです。高倉くんもかなり焦っていました。行き出してしまえば問題はないのですが、この中間も坂路では入口付近でゴネて暴れて危なくなり、コースに替えたほどなんです。しかし、コースもすぐに嫌がってしまう始末です。馬も精神的にかなりキツくなってきているのかもしれません」と説明していました。
 続けて、「それでもカイバ食いが落ちないのだけが救いです。馬体重は426キロですから、おそらく前走と変わらない数字で送り出せると思います。あとはこれだけ嫌がる素振りが出てきたので、2度目の競馬場でどうなるかですね。力を出し切ってくれれば差はないのですが、不安の方が大きいのが正直なところです」と話していました。
 そして本日15日(木)は運動のみで様子が見られ、午後からの出馬投票で今週の京都土曜5R芝1600mに高倉騎手で出走が確定しています。
更新日
2018年2月8日(木) 
 来週の京都土曜5R芝1600mに出走を予定しているウインサクヤヒメは、高倉騎手との初コンビで向かう予定となっています。
 今週は、昨日7日(水)に坂路にて追い切りがかけられました。前に同厩舎の馬の併せ馬を置いて単走でスタートし、道中他厩舎の馬と併せ馬のような形になりましたが、最後まで余裕の手応えでゴールしています。時計は4F55秒6、ラスト1F13秒5でした。
 田中調教助手は「前走後はかなり気が入ってきてはいます。逍遥馬道で坂路に行くところでゴネるようになり、まったく動かなかったので、琢真くん(荻野琢騎手)が喝を入れたら、尻っぱねを何度もしてとにかく危なかったんです。デビュー前はここまでではなかったのですが、これが育成時に言われていた、調教を拒否する頑固なところなんですね。ただ、裏を返せば、肝の据わった馬ですよ。何度もビシッと怒られても観念するわけではなく、ずっと反抗するんですからね。かなり気は強い馬なのだと思います。同じ道だと拒否して手が付けられなくなるので、今は坂路までの道を変えたりと工夫しています」と中間の様子を伝えていました。
 続けて、「カイバはこの馬なりに食べており、馬体重も426キロまで増えています。少しずつ毛も抜けてきましたし、一度使った上積みもあると思います。あとは来週、二度目の競馬場でどういうテンションになるかですね。能力的には勝つ力はあるので、なんとか早くひとつ勝たせてあげたいですね」と話していました。
 なお、追い切り明けの本日8日(木)は運動のみで様子が見られていました。
更新日
2018年2月1日(木) 
 先週の京都のデビュー戦では、好スタートから好位で競馬を進め、ラストもしっかりと脚を使ったウインサクヤヒメ。レース後も脚元などにも問題はなく、本日1日(木)から坂路で乗り出しています。
 田中調教助手は「まだ競馬を分かっていなかったのか、当日はおとなしかったですね。ただ、競馬後は馬房内で暴れる場面もありましたし、テンションは上がっていました。そうなると、2回目の競馬場ではどうなるか不安もありますが、今回はゲートも速く、想像以上にセンスのある競馬を見せてくれましたからね。レース後はカイバもそれなりに食べていて、馬体重も既に422キロまで戻っています。まだ毛も長いですし、暖かくなればもっと良くなると思います。気性面が悪い方へ向かわないよう、これからもうまく調整していきたいと思っています」と話していました。
 また、荻野琢騎手は「自分は小倉にずっと行くので、正直な気持ちで言えば、小倉へ連れてきていただき、また乗せて欲しいです。しかし、馬のことを考えたら京都で使った方がいいと思います。小倉は小回りで道中ペースが上がりますし、そうなると今の反応では一旦置かれてしまいます。直線の短い小倉では、そこで置かれると勝ち負けまでは難しいですからね。勝ちを狙うなら、道中ゆったり流れる京都の方がいいと思います。輸送も短いですし、そういう意味でも京都の方がいいでしょうしね。ずっと乗せていただいているサクヤヒメに乗れないのは残念ですが、また乗せてもらえたら嬉しいです」と話していました。
 これにより、次走は中2週で、2月17日、京都土曜5R芝1600mへ向かう予定で、ジョッキーは調整中です。
 梅田調教師は「いい競馬ができましたし、次も琢真で行きたいと思っていましたが、本人がそこまで馬のことを考えて言ってくれているなら、その言葉を尊重しましょう。乗り替わりになりますが、しっかり癖は伝えてレースに臨みたいと思います。その次にすぐに琢真に戻すかどうかはまだ分かりませんが、また乗せてあげたいと思っています」と話していました。
更新日
2018年1月25日(木) 
 2週連続で除外となったウインサクヤヒメは、昨日24日(水)に坂路にて追い切りがかけられました。柴田未騎手が騎乗し、単走でスタートすると、後半から徐々に促され、最後は強めに追われてフィニッシュしています。時計は4F55秒7、ラスト1F12秒9でした。
 田中調教助手は「動きは良かったですし、2週続けて乗ってくれている柴田未騎手も『背中はすごくいい』と言ってくれているように、やはり能力はあるんです。ただ、除外続きでテンションは徐々に上がってきていることは確かです。以前は乗り運動の時は危なかったものの、運動の際は普通に引けていました。でも、今はそこでもカリカリして、だいぶ気が入るようになっています。しかし、カイバ食いは逆に先週の追い切りの後くらいから良くなってきているんです。馬体重は426キロと変わりませんが、キツくなっていたところを乗り越えてきたのかもしれません。気性面で難しいところはある馬ですが、能力はありますし、癖を知っているジョッキーで行けるのはプラスですからね。力を出し切ってくれれば、期待もあります」と話していました。
 そして本日25日(木)は運動のみで様子が見られ、午後からの出馬投票で今週の京都日曜6R芝1600mに荻野琢騎手で出走が確定しています。
戦績  戦績詳細を見る
※ ( ) は地方転籍時の戦績です。
戦績 1着 2着 3着 4着 5着 着外
2戦 0勝 0 0 0 1 0 1
調教タイム
追切日 騎乗者 コース 状態 8F 7F 6F 5F 半M 3F 1F 回り場 脚色
2/14 高 倉 栗東CW 88.7 71.0 54.5 39.3 12.4 4 馬ナリ余力
サイモンミラベル(古500万)強目の内を0.9秒追走クビ遅れ
2/12 助 手 栗東CW 86.8 70.8 57.1 43.7 13.6 7 馬ナリ余力
2/7 助 手 栗東坂 55.6 40.9 26.4 13.5 馬ナリ余力
1/24 柴田未 栗東坂 55.7 41.1 26.6 12.9 末強目追う
アルバム
2018年2月16日
2018年2月16日
所属馬情報
所属馬一覧
戦績
近況
調教タイム
アルバム
会員様専用マイページ
会員ID
パスワード
会員様専用マイページへ初めてログインされる方はこちら
所属馬検索
育成場のご紹介
ホームウインについて会員募集募集馬情報出資予約出走情報所属馬情報MORE ウインお問い合わせよくある質問サイトマッププライバシーポリシー
Copyright 2002-2012 Win Racing Club. All Rights Reserved.
ウインレーシングクラブ携帯サイトはこちらのQRコードから
ウインレーシングクラブでは、
セキュリティー保護のため
暗号化通信を導入しています。