ウインレーシングクラブ
ホーム プライバシーポリシー サイトマップ
よくある質問はこちらから お問い合わせはこちらから
ウインについて 会員募集 募集馬情報 出資申込み 出走情報 所属馬情報 MOREウイン
ホーム > 所属馬一覧 ( 所属馬情報 ) > 所属馬詳細
所属馬詳細
ウインゼノビア カタログ(PDF)を見る
馬コード 年齢 毛色 生年月日 1口価格 厩舎
20160021 4歳 スクリーンヒーロー ゴシップクイーン 栗毛 2016/3/15 3.25万円 (400口) 美浦・青木孝文
馬名の意味・由来 : 人名より/Win Zenobia
近況
更新日
2020年2月20日(木) 
 先週の東京では、道悪でノメッてしまい、まったく競馬にならなかったウインゼノビア。レース後は脚元などに大きな反動はなく、本日から角馬場で乗り始めています。
 青木調教師は「レース直前でも長い毛がボロボロ抜けてきていましたし、やはりこの時期の北海道からの休み明けということでまだ仕上がりきっていなかったのも事実です。さらには道悪になってしまい、反動を心配しましたが、まずは大きなダメージがなくてホッとしています。レース後は若干カイバを食べるスピードが遅いものの、体は細くは見せませんし、こちらも大丈夫だと思います。ここを使って状態は上向くでしょうし、次走の中山は東京よりは間違いなくいいです。次は良馬場でやらせたいですね」と話していました。
 なお、次走は3月20日、中山金曜10R「幕張S」芝1600mを予定しています。
更新日
2020年2月13日(木) 
 今週の出走を予定しているウインゼノビアは、松岡騎手落馬負傷のため、柴田大騎手との初コンビが決まっています。
 昨日はWコースにて最終追い切りがかけられました。前を行く3歳未勝利サンヘイワードを5Fから追走し、コーナーではその外を回ります。直線は脱落する相手に対し、馬なりのままゴールを迎えていましたが、ラストの伸びは平凡でした。時計は5F67秒6、ラスト1F13秒5でした。
 騎乗した田子調教助手は「今日のWコースは上滑りするような馬場でノメるところがありました。ただ、いい時の動きは知らないものの、本来はもっと力強く下を掴める馬なのだと思います。そういう意味では物足りなさも感じますし、やはり叩いてからという感じでしょうか」と感触を伝えていました。
 また、青木調教師は「先週いい時計でやっていますし、今週は最初から無理をしない予定でしたが、少し脚を取られていましたね。ラジオNIKKEI賞を見ても、道悪はマイナス材料ですし、今週末は天気が悪くなりそうなのが気になるところです。さらには休み明けでまだ完調という感じではありませんし、東京の速い上がりというタイプでもないですからね。ここで見せ場を作って、次の中山で勝負できればという気持ちでいます。それでも、馬体重489キロとあれだけ増えなかった馬体がいい数字で安定していますし、昨年よりもボリュームは出ています。こういう余裕のある体で休み明け初戦を使えるのは好材料ですし、ここを使って上向いてくると思います」と控えめに語っていました。
 そして本日は軽めの乗り運動を消化し、午後からの出馬投票で今週の東京日曜9R「初音S」芝1800m牝馬限定戦に柴田大騎手で出走が確定しています。
更新日
2020年2月6日(木) 
 来週の東京日曜9R「初音S」芝1800m牝馬限定戦を松岡騎手で予定しているウインゼノビアは、昨日Wコースにて追い切りがかけられました。松岡騎手が騎乗し、稽古駆けする古馬2勝クラスのクリムズンフラッグを追走し、5Fからピッチが上がります。コーナーではインから迫り、直線で体を併せると一瞬のうちに馬なりで前に出て、最後は強めに追われる相手に合わせる内容でフィニッシュしています。時計は5F65秒8、ラスト1F12秒0でした。
 松岡騎手は「休み明けでも息は悪くないんですけどね。でも、腰に緩さがあり、走りのバランスが悪かったので、最後は追いませんでした。1週前ですから、ラストは少しやりたかったのですが、これでビシッとやると反動が怖いですからね。昨年もそうでしたが、冬場はあまり良くない馬で、どうしてもあのクローバー賞の時のいい感じが戻ってきません。ただ、体も増えて感触自体は悪くありませんし、使いながら良くなってくると思います」と好追い切りにも辛口の評価をしていました。
 また、青木調教師は「相手も動く馬で、それを馬なりで軽くあしらい、しかも凄いタイムでしたからね。馬体重も483キロでなかなか体が増えなかったゼノビアがやっといい形で戻ってきましたし、追い切りも決して悪い動きではありません。ただ、毛が長く、中身の面では松岡の言うように、まだまだ良くなる余地というのも十分にあるのも事実です。3歳春はどうしてもクラシックのレースがあり、状態優先というよりレースありきで使って無理をさせた部分もありましたが、今回は牧場で納得のいく状態まで待ってもらえましたからね。なんとか今年は結果を出したいと思っています」と説明していました。
 追い切り翌日の本日は軽めの運動を消化していました。
更新日
2020年1月30日(木) 
 先週トレセンに帰厩したウインゼノビアは、昨日はキャンター調整を行い、本日はWコースにて追い切りがかけられました。前の2頭の併せ馬を目標に大きく後ろから単走でスタートし、馬なりでピッチを上げると、直線も持ったままで脚を伸ばしていました。時計は5F68秒7、ラスト1F13秒5でした。
 青木調教師は「来週の1週前追い切りの前段階としてサラッとやりましたが、動き自体は悪くありません。まだ息遣いが重いのはありますが、その分普段から長めをじっくりと乗っていますし、これから上向いてくると思います。来週は松岡を乗せて、Wコースでしっかりやる予定です」と話していました。
 また、田子調教助手は「担当していた小川さんが小倉へ行っているので、ピンチヒッターでやらせていただいています。もちろん以前から見ていた馬で、今回は馬体がパワーアップして帰ってきましたし、乗った感触はやはりレベルが違うと感じました。中身はまだもうひとつですが、これから良くなってくると思います」と説明していました。
 なお、次走は2月16日、東京日曜9R「初音S」芝1800m牝馬限定戦を松岡騎手で予定しています。
戦績  戦績詳細を見る
※ ( ) は地方転籍時の戦績です。
戦績 1着 2着 3着 4着 5着 着外
9戦 2勝 2 1 0 1 0 5
調教タイム
追切日 騎乗者 コース 状態 8F 7F 6F 5F 半M 3F 1F 回り場 脚色
2/12 助 手 美南W 67.6 52.9 39.7 13.5 6 馬ナリ余力
サンヘイワード(三未勝)一杯の外1.0秒追走0.6秒先着
2/5 松 岡 美南W 65.8 51.8 37.9 12.0 7 馬ナリ余力
クリムズンフラッグ(古馬2勝)強めの内0.4秒追走同入
1/30 助 手 美南W 68.7 54.3 40.7 13.5 6 馬ナリ余力
1/26 助 手 美南坂 56.5 40.9 26.5 12.3 馬ナリ余力
アルバム
2020年2月21日
2020年1月17日
所属馬情報
所属馬一覧
戦績
近況
調教タイム
アルバム
会員様専用マイページ
会員ID
パスワード
会員様専用マイページへ初めてログインされる方はこちら
所属馬検索
育成場のご紹介
ホームウインについて会員募集募集馬情報出資予約出走情報所属馬情報MORE ウインお問い合わせよくある質問サイトマッププライバシーポリシー
Copyright 2002-2012 Win Racing Club. All Rights Reserved.
ウインレーシングクラブ携帯サイトはこちらのQRコードから
ウインレーシングクラブでは、
セキュリティー保護のため
暗号化通信を導入しています。