ウインレーシングクラブ
ホーム プライバシーポリシー サイトマップ
よくある質問はこちらから お問い合わせはこちらから
ウインについて 会員募集 募集馬情報 出資申込み 出走情報 所属馬情報 MOREウイン
ホーム > ご挨拶 ( ウインについて )
ご挨拶
代表取締役 岡田 義広
代表取締役 岡田 義広
日頃はウインレーシングクラブに多大なるご支援を賜り、心より感謝申し上げます。

今年はウインブライトが中山記念を制しました。
G2を勝つと、海外から国際レースに招待される、海外競馬のレーシングマネージャーが直接営業に牧場へ来るなど、日本馬のレベルの高さが評価されていることを実感させられます。このような輝かしい勝利をあげてくれたウインブライトと騎手、厩舎、牧場関係者には感謝しかありません。そして、その高いレベルの中で結果を出すことの難しさと、厳しい競走の中で結果を出し続けないと生き残れないことへの緊張感を、3歳馬達の成績不振を含めて感じています。

しかし、今、その緊張感を上回るぐらい、今年のラインナップに気持ちが高揚しています。
G2を2勝している前述のウインブライトの半弟で、父オルフェーヴルの「サマーエタニティの17」、G1馬ケイティブレイブの全弟「ケイティローレルの17」、G1馬ドリームバレンチノの半妹で、父オルフェーヴルの「コスモヴァレンチの17」、母が重賞2勝、父ジャスタウェイの「コスモネモシンの17」、そして、現役から引退してもファンからの絶大な人気を誇るG16勝馬ゴールドシップの初年度産駒も牡2頭、メス2頭ご用意しました。これらも素晴らしい馬達です。
さらに、今年もジェネラーレウーノが重賞勝ち、皐月賞3着など日高産から大物を輩出するスクリーンヒーローの産駒もいます。他にも、エピファネイア、リアルインパクト、ワールドエースと初年度産駒を含めてバラエティに富んだラインナップとなっています。牡もメスも本当にわくわくするような顔ぶれです。

当クラブの所属馬の中で、昨年ではウインガニオン、ウインブルーローズ、今年はウインソワレが6歳で連勝しました。馬の能力、資質も大きい理由ですが、毎年、急成長して連勝する馬が当クラブにはいます。その理由のひとつはまず馬が丈夫であることだと思っています。若いうちからハードな調教をして、少しでも丈夫にすること、その馬の能力が開花しても腱や骨が負けない馬づくり、クラシックの出走権を得るためにきついローテーションで使っても耐えられる馬づくりはこれからも必要だと思っています。2歳、3歳の500万下、オープンクラスでも、出走頭数の少なさを見ると余計にそう思います。一方、残念ながらコスモヴューファームでも故障してしまう馬がいますので、そこは反省、改善しながら、これからも丈夫な馬づくりをしていきたいと思います。

皆様が愛馬に巡りあえますように、そして、少しでも楽しんでいただけますよう、これからも邁進していく覚悟です。




岡田 義広
2018年5月
戻る
ウインについて
ご挨拶
会社概要
会員サービスとイベント
会員様専用マイページ
会員ID
パスワード
会員様専用マイページへ初めてログインされる方はこちら
所属馬検索
育成場のご紹介
資料請求
出資予約
ホームウインについて会員募集募集馬情報出資予約出走情報所属馬情報MORE ウインお問い合わせよくある質問サイトマッププライバシーポリシー
Copyright 2002-2012 Win Racing Club. All Rights Reserved.
ウインレーシングクラブ携帯サイトはこちらのQRコードから
ウインレーシングクラブでは、
セキュリティー保護のため
暗号化通信を導入しています。