ウインレーシングクラブ
ホーム プライバシーポリシー サイトマップ
よくある質問はこちらから お問い合わせはこちらから
ウインについて 会員募集 募集馬情報 出資申込み 出走情報 所属馬情報 MOREウイン
ホーム > 近況 ( 所属馬情報 )
近況
ウインリベルタ
馬コード : 20160016 / 父 : スクリーンヒーロー / 母 : フリーヴァケイション / 牡 / 美浦・青木孝文
更新日
2021年6月10日(木)
先週の東京では、逃げの手を選択し、直線先頭から最後まで粘りは見せたウインリベルタ。レース後は運動のみで様子を見ていますが、脚元などに変化はありません。今後は北海道のコスモヴューファームでの休養が決まり、明日美浦を出発の予定です。
青木調教師は「トモに疲れはありますが、レースを使ったなりの疲れという感じで大きなダメージではありません。これだけ間隔を詰めて使って、勝ち負けの競馬もしているのに体は減ってきませんし、毛ヅヤも落ちないように、今は本当に調子がいいのだと思います。ガタガタで放牧という感じではありませんし、これなら立ち上げた時にそんなに時間は掛からないはずです。体型からトモが弱いのはもう変わりませんが、ここ最近の充実ぶりからすると馬が成長して力を付けているのが分かります。秋には必ず中央初勝利をさせてあげたいと思います」と話していました。
更新日
2021年6月3日(木)
今週の出走を予定しているウインリベルタは、昨日Pコースにて軽めの追い切りがかけられました。原騎手が騎乗し、単走で半マイルからゆっくりとピッチが上がり、直線だけ軽く脚を伸ばしていました。時計は4F57秒7、ラスト1F13秒7でした。
青木調教師は「中2週ですし、先週末に軽く時計を出して今週は追い切りなしの予定でした。しかし、週末にトモに少し疲れが感じられ、その回復に努めたことから、時計は出しませんでした。体型的なものからトモが弱く、疲れが溜またりやすくなっており、それにより不正駈足や手前を替えるのがぎこちなくなるという弊害が出てくるのは仕方ありません。これが変わることはありませんので、頭に入れてケアしながらやっていくしかありません。週末に乗った助手の話では、『少し重い感じ』とのことだったので、最終の微調整で今朝は時計を軽くだけ出しました。トモの状態が悪化することはありませんし、むしろ週末少し軽めにしたことで回復傾向にあると思います。相変わず毛ヅヤは良く、状態はキープできていると思います」と状態面を報告していました。
そして本日は軽めの運動を消化し、午後からの出馬投票で、最終的に今週の東京土曜9R「稲城特別」芝2400mに原騎手で出走が確定しています。
同調教師は「1800mの平場も頭数が少なかったですし、3キロ減も効くのでそちらも頭を過ぎりましたが、特別もそこまで抜けたメンバーはいないですからね。距離はあった方がいいですし、ここでも勝負になると見込んでこちらを選択させてもらいました。特別戦で3キロ減がなくなるのはマイナスではありますが、小柄な馬ではありませんし、そこまで考えなくていいと思います。怖いのは3歳馬でしたが、そこまで強力な馬の参戦はなく、前走だけ走ればやれる手応えはあります。あとは明日かなり雨が降る予報なので、馬場が極端に悪くなった時だけが心配ですね。なんとかここで決めたいと思っています」と期待を語っていました。
更新日
2021年5月27日(木)
来週の東京での出走を予定しているウインリベルタは、昨日、本日とキャンター調整を行っています。
青木調教師は「週末からはコースで乗り出しましたが、角馬場の時とは違って体を大きく使うことで、トモを中心に少し疲れは感じました。それでも、前走前から大きく悪くなった感じはなく、ケアしながら進めていけるレベルです。引き続き毛ヅヤもは良く、体調自体は非常に高いレベルでキープできていますから、次も楽しみだと思いますよ。今回中2週になりますので、週末は少しだけ時計を出すかもしれませんが、当週は追い切りをやらないというパターンで結果が出ていますから、今回もそのパターンでいきます」と順調を報告していました。
更新日
2021年5月20日(木)
先週の東京では、好位追走から直線も長く脚を使い、勝ち馬とハナ差の接戦まで持ち込んだウインリベルタ。レース後は昨日から乗り始めていますが、脚元など問題はありません。
青木調教師は「直線手前をスムーズに替えてくれなかったようですが、元々そういうところはある馬ですからね。与えられた状況の中で、うまくジョッキーも乗ってくれましたし、あそこまで行ったら勝ちたかったですね」と改めて悔しさをにじませていました。
続けて、「当初は放牧に出して、夏の福島、新潟へというプランを考えていました。しかし、色々考えると、福島、新潟は極端に少頭数ということもないでしょうし、最近のレースぶりからも、小回りより広い東京の方が合う印象もあります。小回りだとどうしても反応が鈍く、一旦置かれることになりそうですからね。疲れがあればどんなことがあっても放牧と考えていましたが、今回のレース後も大きなダメージはなく、好調をキープできています。今の東京なら1勝クラスのこの条件はおそらくずっと少頭数ですから、このままもう1戦使って勝利を目指しましょう」と続戦を決めていました。
なお、次走は、中2週で、6月5日、東京土曜9R「稲城特別」芝2400m、もしくは同日東京8R芝1800mなどが候補として挙がっています。
所属馬情報
所属馬一覧
戦績
近況
調教タイム
アルバム
会員様専用マイページ
会員ID
パスワード
会員様専用マイページへ初めてログインされる方はこちら
所属馬検索
育成場のご紹介
ホームウインについて会員募集募集馬情報出資予約出走情報所属馬情報MORE ウインお問い合わせよくある質問サイトマッププライバシーポリシー
ウインレーシングクラブ携帯サイトはこちらのQRコードから
ウインレーシングクラブでは、
セキュリティー保護のため
暗号化通信を導入しています。
Copyright 2002-2012 Win Racing Club. All Rights Reserved.