ウインレーシングクラブ
ホーム プライバシーポリシー サイトマップ
よくある質問はこちらから お問い合わせはこちらから
ウインについて 会員募集 募集馬情報 出資申込み 出走情報 所属馬情報 MOREウイン
ホーム > 近況 ( 所属馬情報 )
近況
ウインゼノビア
馬コード : 20160021 / 父 : スクリーンヒーロー / 母 : ゴシップクイーン / 牝 / 美浦・青木孝文
更新日
2018年12月13日(木)
 先週の「阪神JF」では、スタート後から速いペースで流れに乗れず、直線も伸びるどころか脚も上がってしまったウインゼノビア。レース後は、11日(火)にトレセンへ戻ってきましたが、脚元などに問題はなく、週末15日(土)にビッグレッドファーム鉾田へ放牧に出る予定です。
 小川調教助手は「今回はアルテミスSの時と比べて、背腰のダメージはありませんでしたし、走り切っていないのかもしれません。外からも厳しいプレッシャーを受けて、初めてモマれる競馬もしましたからね。気持ちが途切れてしまったところもあったかもしれません。ここまで負けたことはショックでしたが、それでもGIでのこういう経験が先々に繋がると思いますし、また来年は頑張ります」と前を向いていました。
更新日
2018年12月6日(木)
 今週末にいよいよGI挑戦を控えるウインゼノビアは、昨日5日(水)にWコースにて最終追い切りがかけられました。レースでもコンビを組む松若騎手が美浦までかけつけ追い切りに臨んでいます。相手の古馬500万下ハンドリーを追い掛け、5Fからピッチが上がると、コーナーでは内から相手に迫り、直線でスッと前に出ると、最後まで引っ張りっきりで余力を十分に残して併入ゴールとなっています。時計は5F68秒1、ラスト1F13秒0でした。
 松若騎手は「聞いていた通り、乗りやすくて操縦性も高いですね。レースからも溜めてビュッとキレる感じではないですが、スピードの持続力が高く、スタミナもあるので、多少早く仕掛けてもバテない感じを受けました。あとはその特徴を生かした乗り方をしたいと思っています。大一番でこのようなチャンスをいただけて光栄ですし、結果を出したいと思っています」と騎乗の感触を語っていました。
 また、青木調教師は「急遽の話だったのに、この1頭だけのために美浦まで来てくれた松若には本当に感謝したいです。前日のスクーリングに乗せる予定ではありましたが、追い切りに乗っておくに越したことはありませんからね。先週しっかりとやっているので、今朝は軽めの指示でしたが、動きは良かったですし、その中でいい負荷は掛けられたと思います。ジョッキーもいい感触を掴んでくれてよかったです」と追い切りを説明していました。
 続けて「もう球節のムクミも心配ありませんし、帯道の荒れも大丈夫です。馬体重は追い切り後で464キロで、前走時よりプラス2キロです。これから阪神までの輸送があるのですが、以前函館へ行った時も数字は大きく減らなかったですし、精神的にこれだけ堂々としている馬ですからね。カイバ食いにもまったく不安がないので、多少数字が減ったとしても心配はしなくて大丈夫です。休み明けの前回より状態は一段階上がった感じですし、これだけのいい状態でGIに臨めるのは何よりですね」と状態面を語っていました。
 最後に「今回は前回よりも相手が強力になりますし、GIを勝つのはそんなに甘くないことも重々承知しています。それでも、これだけの牝馬にはなかなか巡り合えませんし、この馬の潜在能力はGI級だとも感じていますので、力を出し切れば一発があってもおかしくはないと思っています。あとはゼノビアの力を信じ、当日はジョッキーにすべてを託します」と意気込みを語ってくれました。
 そして本日6日(木)は軽めの運動をこなし、午後からの出馬投票で今週の阪神日曜11R「阪神ジュベナイルフィリーズ・GI」芝1600m牝馬限定戦に松若騎手で出走が確定しています。
 なお、明日7日(金)の早朝4時には美浦を出発し、その日の午後には阪神競馬場に到着予定で、前日の8日(土)は競馬場でスクーリングの予定となっています。
更新日
2018年11月29日(木)
 来週の阪神日曜11R「阪神ジュベナイリフィリーズ・GI」芝1600m牝馬限定戦に出走を予定しているウインゼノビアは、先週の追い切りが少し遅くなったこともあり、週末25日(日)には坂路で4F53秒6、ラスト1F12秒6という時計を馬なりでマークしています。
 なお、先週の競馬で騎乗予定だった松岡騎手が騎乗停止となったことから、松若騎手に変更となっています。
 青木調教師は「来週は香港があり、ジョッキーが少なく、有力ジョッキーはほぼ埋まっていましたが、いい若手が空いていたと思います。日本人の若手が厳しい今の時代、デビュー翌年から毎年重賞を勝てるのはなかなかないことですし、阪神での経験もありますからね。チャンスがある馬でGIに乗れるということで本人も気合が入っているでしょうし、初GI勝利をゼノビアでとなって欲しいですね」と乗り替わりの経緯を語り、「幸い、ゼノビアはスタートも速く、乗り難しい馬ではありませんし、乗り替わりもマイナスにはならないはずです。急遽なことで追い切りに乗るのは難しそうですが、レース当週は金曜日に輸送をして、前日の土曜日に馬場で乗る予定なので、その時に感触を確かめてもらえれば大丈夫だと思います」と今後の予定も話していました。
 今週は、昨日28日(水)に松岡騎手が騎乗し、Wコースにて1週前追い切りがかけられましたが、濃いモヤがかかり、スタンド前の直線も見えない状況で、時計は計測不能となっています。
 松岡騎手は「今回は騎乗停止でご迷惑をおかけし、本当に申し訳ありませんでした。本番では乗れませんが、自分がしっかりと仕上げて、ゼノビアのGI制覇のお手伝いをさせていただきたいと思います」と改めて謝罪の言葉がありました。
 続けて、「先週と同じくクリムズンフラッグを追い掛け、大外を回り、時計は5Fで67秒くらいで、最後はクビほど先着でした。しっかりと負荷は掛かりましたし、腰、トモの状態は前回より確実に良くなっていますね。札幌の時の状態がもの凄く良かったので、まだそこまでではありませんが、前回より上ですし、この1本で来週までにさらに上向いてくると思います」と追い切りを説明していました。
 追い切り後、右前球節外側に僅かなムクミが確認されていますが、歩様には問題はありませんし、触診でも反応は一切なく、痛みもありません。
 本日29日(木)には引き運動を行っていますが、熱感を持つこともなく、運動後にはムクミもほぼ分からないくらいまで引いています。
 青木調教師は「これだけの馬ですから、ごく小さな変化でも見落とさないようにしたいと思っています。獣医にもすぐに見てもらって『大丈夫』と言ってもらっていますし、調整にもまったく狂いはありません。おそらく追い切りの時に若干ひねったりしたのかなと思いますが、心配のないレベルです。今日も状況的には乗っても全然問題なかったのですが、鞍を置く帯道が少し荒れていたので、念のため引き運動にして、そちらのケアもしておきました。来週の大一番に最高の状態で持っていけるよう、これからも細心の注意を払い、その中でしっかりと攻めた調整をしていきたいと思っています」と話していました。
更新日
2018年11月27日(火)
 12月9日、阪神日曜11R「阪神ジュベナイルフィリーズ・GI」芝1600m牝馬限定戦に出走を予定しているウインゼノビアは、松岡騎手が騎乗停止で当レースに乗れなくなったため、松若騎手に変更となりました。
所属馬情報
所属馬一覧
戦績
近況
調教タイム
アルバム
会員様専用マイページ
会員ID
パスワード
会員様専用マイページへ初めてログインされる方はこちら
所属馬検索
育成場のご紹介
資料請求
出資予約
ホームウインについて会員募集募集馬情報出資予約出走情報所属馬情報MORE ウインお問い合わせよくある質問サイトマッププライバシーポリシー
Copyright 2002-2012 Win Racing Club. All Rights Reserved.
ウインレーシングクラブ携帯サイトはこちらのQRコードから
ウインレーシングクラブでは、
セキュリティー保護のため
暗号化通信を導入しています。