ウインレーシングクラブ
ホーム プライバシーポリシー サイトマップ
よくある質問はこちらから お問い合わせはこちらから
ウインについて 会員募集 募集馬情報 出資申込み 出走情報 所属馬情報 MOREウイン
ホーム > 近況 ( 所属馬情報 )
近況
ウインチェレステ
馬コード : 20180010 / 父 : ドゥラメンテ / 母 : コスモチェーロ / 牡 / 美浦・畠山吉宏
更新日
2024年5月23日(木)
先週の新潟では、後方からの競馬で飛越でのミスもありましたが、最後は差を詰めて掲示板は確保したウインチェレステ。レース後は、左前の管の内側に外傷はあったものの、歩様には問題はありません。
今後は放牧を挟むことが決まり、明日にはスピリットファームに放牧に出ます。なお、次走は、7月27日、新潟土曜9R「新潟ジャンプS・JGIII」芝3250mが視野に入っています。
畠山吉調教師は「外傷は障害でぶつけたようですが、軽い擦り傷ですから、まったく問題はありません。このまま続戦も可能でしたが、障害試験からここまでずっと在厩で使ってきましたからね。テンションが高くなりやすい馬ですし、ここで精神的なリフレッシュのためにも一度放牧に出したいと思います。あとは暑くなってきて夏バテなどがなければ、次走は重賞へのチャレンジも検討しています。メンバーは前走よりさらに強くなり、楽な戦いではないと思いますが、こちらもまだ伸びしろはありますから、期待は持っています」と話していました。
更新日
2024年5月16日(木)
今週の出走を予定しているウインチェレステは、昨日Wコースにて追い切りがかけられました。金子騎手が騎乗し、単走で前半はがっちりと抑えて進みます。後半はペースを上げますが、折り合いを欠くことなく最後までスムーズな走りでゴール板を通過していました。時計は5F69秒9、ラスト1F12秒1でした。
金子騎手は「馬が少ない時間帯ではなかったのですが、じっくりとコンタクトを取ってからWコースに入り、スムーズな追い切りができました。昨日の飛越練習でも落ち着いていましたし、ちゃんと障害を見て跳んでいて、いい精神状態を保てています。ただ、前回が競馬に行くと気が入り過ぎるところがありましたからね。その前回は素質だけで押し切れましたが、オープンになって相手も強くなり、距離も延びますから、同じような形だと苦しくなるでしょう。それでも、粗削りながら勝った初戦からも障害馬としての素質を感じましたし、まだまだ上積みもあります。いい精神状態でいられれば間違いなくオープンでも通用します。いい結果が出せるよう、頑張ってきます」と力強く締めくくってくれました。
また、畠山吉調教師は「毎日金子騎手がコンタクトを取ってくれていることで折り合いもスムーズになっていますし、飛越練習も問題ありません。前回は休み明けだったこともあり、状態もまだ上がる余地を残していましたし、使っての上積みもあります。今回は輸送の関係でスクーリングはできませんが、バンケットのある福島よりは難易度の低い置き障害の新潟ですから、そこは心配していません。障害は未勝利とオープンではレベルが格段に違うので、今回が試金石の1戦になりますが、初戦の内容からも期待は持っています」と話していました。
そして本日は軽めの運動を消化し、午後からの出馬投票で、今週の新潟土曜1R(4Rから1Rに変更)障害オープン・芝3290mに金子騎手で出走が確定しています。
更新日
2024年5月9日(木)
来週の新潟土曜4R障害オープン・芝3290mを金子騎手で予定しているウインチェレステは、7日(火)に金子騎手が跨り、角馬場で前走後初めての障害練習を行っていました。
昨日はWコースにて追い切りがかけられました。金子騎手が騎乗し、単走で前半からがっちり抑えて進むと、道中も折り合いは付き、最後も持ったままでゴール板を駆け抜けていました。時計は5F67秒5、ラスト1F12秒3でした。
金子騎手は「今日は気分が良かったのか、普通のハミでも持っていかれることはなかったですし、しっかりと折り合えていました。鼻革の効果もありそうですが、この馬は良くも悪くも我が強いですからね。そういうところがレースへ行っていい部分でもありますが、スイッチが入ってしまうと馬具などは関係なしに制御が効かなくなってしまいます。今朝はそうなりませんでしたが、レースでどうなるかでしょう。気性の問題はありますが、平地での素質もある馬で能力自体が高い馬です。障害のセンスもありますし、気分良くスムーズに走れればオープンでも通用します。あとは自分が毎日コンタクトを取って、手の内に入れることができればと思っています」と細かく説明してくれました。
追い切り明けの本日は軽めの運動を消化していました。
更新日
2024年5月2日(木)
再来週の新潟での出走を予定しているウインチェレステは、今週は30日(火)から毎日金子騎手が跨り、軽めのキャンター調整を行い、じっくりとコンタクトを取ってくれていました。
畠山吉調教師は「火曜日から毎日金子騎手が乗ってくれています。今は馬の少ない時間帯でなんとか我慢はできていますが、来週は1週前で久々に飛越の練習と平地での追い切りも行います。鼻革は着けましたが、今の環境でもなんとか我慢できているという感じではあるので、来週の飛越と追い切りの際にどうなるかですね。体調自体はいいですし、週末にはうちの助手で軽く時計を出して来週への下地作りを行っておきます」と説明していました。
なお、次走は、5月18日、新潟土曜4R障害オープン・芝3290mを金子騎手で予定しています。
所属馬情報
所属馬一覧
戦績
近況
調教タイム
アルバム
会員様専用マイページ
会員ID
パスワード
会員様専用マイページへ初めてログインされる方はこちら
所属馬検索
コスモヴューファーム公式サイト
コスモヴューFチャンネル
ホームウインについて会員募集募集馬情報出資予約出走情報所属馬情報MORE ウインお問い合わせよくある質問サイトマッププライバシーポリシー
ウインレーシングクラブ携帯サイトはこちらのQRコードから
ウインレーシングクラブでは、
セキュリティー保護のため
暗号化通信を導入しています。
Copyright 2002-2012 Win Racing Club. All Rights Reserved.