ウインレーシングクラブ
ホーム プライバシーポリシー サイトマップ
よくある質問はこちらから お問い合わせはこちらから
ウインについて 会員募集 募集馬情報 出資申込み 出走情報 所属馬情報 MOREウイン
ホーム > 所属馬一覧 ( 所属馬情報 ) > 所属馬詳細
所属馬詳細
ウイングレイテスト カタログ(PDF)を見る
馬コード 年齢 毛色 生年月日 1口価格 厩舎
20170004 3歳 スクリーンヒーロー グレートキャティ 栗毛 2017/3/31 4.25万円 (400口) 美浦・青木孝文
馬名の意味・由来 : 最大の/英語/Win Greatest
近況
更新日
2020年4月2日(木)  
 来週の中山土曜11R「ニュージーランドトロフィー・GII」芝1600mを横山武騎手で予定しているウイングレイテストは、昨日Wコースにて1週前追い切りがかけられました。横山武騎手が騎乗し、古馬1勝クラスのマイネルアプラウスを追走して5Fからピッチが上がります。コーナーでは馬なりで追いつき、直線では並ぶ間もなく抜き去り、その後1頭になるとしっかり追われてゴールしています。時計は5F65秒4、ラスト1F11秒9でした。
 中尾調教助手は「促すとハミを噛んでくることと抜け出すとフワッとすることは横山武騎手に伝えて、追い切りに臨みました。自分は相手の方に乗っていたのですが、グレイテストは前半から思いのほか行きっぷりが良かったようで、掛かるぐらいのところもあったようですが、一旦抑えて、直線は一気に交わされましたね。ジョッキーは『抜け出してもフワッとするところはなかった』とのことでしたし、特徴は掴んでくれたと思います」と追い切りの説明をしていました。
 追い切り明けの本日も角馬場で乗り運動を消化していました。
更新日
2020年3月26日(木) 
 前走後は順調に乗り出しているウイングレイテストは、昨日、本日ともにダートコースでキャンター調整を行っています。
 青木調教師は「トモの筋肉、ハリを戻すために、下を掴みづらいWコースより、しっかり掴めてトモに負荷を掛けられるダートコースに調整を変えています。乗り手にも意識してトモを使わせるようにしていますし、これでトモが良くなってくればというところです。昨日もダートコースでしまいは15秒くらいに伸ばしており、今日の馬体チェックでは背中と十字部に張りがあったんです。もちろん歩様などに出るものではないですし、大きなダメージというわけではありません。初めてダートコースで下を掴みながら走っただけにいつもと違うところに負荷が掛かり、少し反動も出たのだと思います。それでも、いつもと違う筋肉が使えたことになっているのだと思いますし、こういう事を積み重ねながら、全体的にパワーアップさせていきたいと思っています」と調整方法を語っていました。
 なお、走は4月11日、中山土曜11R「ニュージーランドトロフィー・GII」芝1600mを横山武騎手で予定しています。
更新日
2020年3月19日(木) 
 先週の中京では、インからポジションを上げ、直線も脚は使ったものの、馬場のいい外目の馬達にやられてしまったウイングレイテスト。レース後は昨日から角馬場で乗り始めていますが、大きなダメージはありません。
 なお、次走は4月11日、中山土曜11R「ニュージーランドトロフィー・GII」芝1600mを横山武騎手との新コンビで予定しています。
 青木調教師は「決して走りをやめることはまったくないのですが、レース後もすぐに息が戻ってケロッとしているんです。レースで全力を出し切ったという感じがないんですよね。心肺機能が高いのは間違いなく、もっとゼーゼー言うくらい走り切って欲しいのですが、今はその高い心肺機能に体がついてきていないという状況なのかもしれません。馬体の造りもまだ幼いですし、精神面も子供。本格化した時にはもっともっと走る馬だと思います」とレース後の状態を振り返っていました。
 続けて、「それでも、まだ毛ヅヤももうひとつでしたし、ここを目一杯に仕上げたわけではなかったですからね。ここからの上積みは十分だと思いますし、センスのいい馬ですから中山替わりもまったく心配ありません。次こそ勝利という結果を出したいと思っています」と力強く語ってくれました。
更新日
2020年3月12日(木) 
 今週の出走を予定しているウイングレイテストは、昨日Wコースにて最終追い切りがかけられました。古馬2勝クラスのウインオルビットを6馬身ほど後ろから追走し、3コーナーではまだ差がありましたが、そこから一気に追い付きます。直線はウインオルビットの前に出ないように最後まで抑えたままで、それでも半馬身の先着でゴールしていました。時計は5F67秒9、ラスト1F12秒1でした。
 騎乗した中尾調教助手は「ここ2週はジョッキーを乗せてしっかりやっていますし、今週は輸送もあるので軽めの予定でした。追い切りに乗るのは休養明けは初めてで、毎週の比較というのはできませんが、以前は前半なかなかハミを取らなかったのが、今回は前向きさも出てきています。動きは昨年の時点から抜群に良かったので、これくらい動けて当然だとは思いますが、レースを経験しつつ精神面も成長しているのだと思います。休み明けで100パーセントという感じではないものの、息も悪くないですし、仕上がりはいいと思います」と状態を説明していました。
 また、青木調教師は「馬体重は休む前と変わっておらず、見た目には大きな変化はないものの、体の使い方や気持ちの入り方など随所に成長も見えます。ローカルのGIIIにしてはメンバーは揃いましたが、この馬の素質からすればやれない相手ではありません。もちろんこの後2戦を見据えての仕上げにはなっていますが、それでもいい勝負ができると思っています」と現状を説明していました。
 続けて「中京競馬場は初めてになりますが、これまですべて違った競馬場で走っていて結果も出しているので、まったく心配はしていません。距離も初めてですが、スタートはいい馬ですし、普通にいい位置で流れに乗っていけると思っています。抜け出すとソラを使うところはありますが、さすがにこの相手で早めに大きく抜け出すということはないでしょうからね。ミナリクも追い切りに乗って特徴は分かっていますし、うまくグレイテストの良さを引き出してくれると思っています」と期待を語っていました。
 最後に「ミナリクは腕はあるのですが、あまり日本では乗り馬に恵まれておらず、苦労人という印象はあります。どんな人気のない馬でも一生懸命乗ってくれますし、地方の未勝利交流でも嫌な顔ひとつせず乗りに行ってくれます。実はミナリクの地方競馬初騎乗はウチの馬で、それが地方初勝利のメモリアルになったんです。そんなミナリクの重賞初制覇、そしてウチの厩舎での重賞初制覇をここで一緒に達成できれば嬉しいですね。さらにそれがウインさんの馬で、たくさんの会員さんと喜べるならこんなに幸せなことはありません。そうなれるよう頑張ってきます」と締めくくっていました。
 そして本日は軽めの運動を消化し、午後からの出馬投票で今週の中京土曜11R「ファルコンS・GIII」芝1400mにミナリク騎手で出走が確定しています。
戦績  戦績詳細を見る
※ ( ) は地方転籍時の戦績です。
戦績 1着 2着 3着 4着 5着 着外
5戦 1勝 1 2 0 0 0 2
調教タイム
追切日 騎乗者 コース 状態 8F 7F 6F 5F 半M 3F 1F 回り場 脚色
4/1 横山武 美南W 65.4 50.8 37.3 11.9 6 強めに追う
マイネルアプラウス(古馬1勝)一杯の内を0.6秒追走3F併0.6秒先着
3/28 助 手 美南坂 55.0 39.9 25.6 12.6 馬ナリ余力
3/11 助 手 美南W 67.9 52.8 38.9 12.1 4 馬ナリ余力
ウインオルビット(古馬2勝)強目の内1.2秒追走0.1秒先着
3/8 助 手 美南坂 56.1 40.4 26.3 12.7 馬ナリ余力
アルバム
2020年3月19日
2020年2月21日
所属馬情報
所属馬一覧
戦績
近況
調教タイム
アルバム
会員様専用マイページ
会員ID
パスワード
会員様専用マイページへ初めてログインされる方はこちら
所属馬検索
育成場のご紹介
ホームウインについて会員募集募集馬情報出資予約出走情報所属馬情報MORE ウインお問い合わせよくある質問サイトマッププライバシーポリシー
Copyright 2002-2012 Win Racing Club. All Rights Reserved.
ウインレーシングクラブ携帯サイトはこちらのQRコードから
ウインレーシングクラブでは、
セキュリティー保護のため
暗号化通信を導入しています。