ウインレーシングクラブ
ホーム プライバシーポリシー サイトマップ
よくある質問はこちらから お問い合わせはこちらから
ウインについて 会員募集 募集馬情報 出資申込み 出走情報 所属馬情報 MOREウイン
ホーム > 所属馬一覧 ( 所属馬情報 ) > 所属馬詳細
所属馬詳細
ウイングレイテスト カタログ(PDF)を見る
馬コード 年齢 毛色 生年月日 1口価格 厩舎
20170004 3歳 スクリーンヒーロー グレートキャティ 栗毛 2017/3/31 4.25万円 (400口) 美浦・青木孝文
馬名の意味・由来 : 最大の/英語/Win Greatest
近況
更新日
2020年5月22日(金) 
 北海道・新冠のコスモヴューファームにて調整中。昼夜放牧を消化しています。
 担当者は「先週末にこちらへ到着し、すぐに昼夜放牧を開始しています。放牧を始めてまだ間もないのですが、馬体の戻りが早く、体つきをふっくらと見せるようになってきましたし、張りも増してきました。特に悪いところも見当たりませんし、しばらくはゆっくりさせたいと思います」と話していました。
更新日
2020年5月14日(木) 
 先週の東京「NHKマイルカップ」では、最後方から直線上がり最速のメンバー中、唯一の33秒台で来たものの、内有利の馬場で7着までが精一杯だったウイングレイテスト。横山武騎手は「ラストに脚を使えるのは分かっていましたし、大外枠で中途半端に外々を回りたくなかったので思い切った競馬をしました。GIですし、もう少しレシステンシアに競ってくる馬がいて差しも届くと踏んでいたのですが、そういう流れにはなりませんでした。自分の見込み違いですみませんでした。馬の状態はすごく良く、最後も本当にいい脚を使っているんですが・・・。力のある馬に乗せていただいたのに、結果を出せずに本当に申し訳ありませんでした」と何度も頭を下げていました。
 レース後は、引き運動で様子を見ていますが、脚元に問題はありません。今後については休養を挟むことが決まり、明日、北海道のコスモヴューファームに放牧に出ます。
 青木調教師は「乗ってはいないので、細かいところまでは分かりませんが、背腰も疲れがありませんし、硬さも目立ちません。もう1戦も可能な状態で、福島の『ラジオNIKKEI賞』という案もありましたが、協議の結果、休養という方針が決まりました。『ラジオNIKKEI賞』なら確実に人気になり、重賞をかなりの高い確率で勝てるとは思いますが、昨年のゼノビアがそうだったように、その時期は馬場が悪くなる傾向で、レースを使った反動というのが大きくなりますからね。まだまだ先のある馬で、目先のGIIIを獲ることが最大の目標ではありませんし、そこを使ってガタガタになってしまっては元も子もありません。夏はしっかり休ませ、成長を促し、先々重賞を獲るのはもちろん、GIも狙いたいと思っています」と話していました。
更新日
2020年5月7日(木) 
 今週末に大一番を向かえるウイングレイテストは、昨日Wコースにて最終追い切りがかけられました。3歳未勝利マイネルティプトンを追走し、前半はガッチリを抑えて我慢させます。コーナーでもまだ前に追いつきませんでしたが、直線でインから並びかけると、最後まで馬なりのまま体を併せてゴールしています。時計は5F68秒7、ラスト1F12秒4でした。
 騎乗した中尾調教助手は「もう体もできていますし、先週もジョッキーを乗せてしっかりやっていますので、時計は速くなりすぎずということを頭に入れていましたが、予定通りのタイムだったと思います。体の使い方も良くなっていますし、動きは良かったですね。この中間も普段の常歩から意識して体を使うようにしていますが、その効果が少しずつ表れてきているのかもしれません。気持ちの面でも、角馬場では以前は促さないと進まなかったのが、いい意味でピリッとしてきましたし、成長を見せています。現時点でのいい状態に持ってこれたと思っています」と状態を説明していました。
 また、青木調教師は「前走がいい仕上がりで厳しい競馬をしましたし、その後は回復と維持に努めてきましたが、回復が早いのはさすがですね。この中間はオーバーワークになり過ぎないようにということを頭に入れていましたが、回復が早いので1週前もしっかり追い切りができましたし、トレーニングの効果が出てきて、状態維持ではなく、前走以上の状態だと感じます。見た目もお腹周りがスッキリしてきましたが、数字的には変わりはありませんし、それは体が引き締まりながら、胸前、トモに筋肉が乗ってきたということです。毛ヅヤもピカピカになり、ファルコンSの前とは雲泥の差ですね。まだこれからもっと良くなる馬だとは思いますが、現時点での最高のデキでGIに臨めそうなのは何よりです」と状態には太鼓判を押していました。
 最後に「東京替わりも問題ありませんし、GIのここでもまったく引けは取らない能力の持ち主だと思っています。極端な上がり勝負になった時がどうかも、GIになればある程度ペースも流れるでしょうからね。日曜日は多少の雨予報もあるようですが、武史は『フットワークから道悪も問題ない』と話していましたし、道悪がマイナスになることもないと思います。前回があの不利により本当に悔しい思いをして、武史もウチの厩舎も重賞初制覇を逃しました。武史はその後ウインマリリンで重賞を勝ち、ウインさんも武史も今は本当に勢いに乗っていますからね。その勢いに便乗して、ここでグレイテストとウチの厩舎が重賞初制覇を成し遂げられればと思っています。武史にとっても初のGI勝ちとなればいいですね。大きな期待を持って、当日に臨みます」と力強く締めくくっていました。
 そして本日は角馬場での乗り運動を消化し、午後からの出馬投票で今週の東京日曜11R「NHKマイルカップ・GI」芝1600mに横山武騎手で出走が確定しています。
更新日
2020年4月30日(木) 
 来週の東京日曜11R「NHKマイルカップ・GI」芝1600mを横山武騎手で予定しているウイングレイテストは、昨日Wコースにて1週前追い切りがかけられました。横山武騎手が騎乗し、古馬1勝クラスのマイネルアプラウスを5Fから3馬身ほど追走すると、コーナーでは内から相手に迫ります。直線で併せ馬となり、最後は軽く仕掛けられるとスッと相手を突き放して2馬身の先着を決めていました。時計は5F66秒9、ラスト1F11秒9でした。
 青木調教師は「もうそんなに攻める追い切りは必要なく、前半はゆっくり入りましたが、直線放したら素晴らしい瞬発力でした。武史も『前回も良かっただけに大きな変わり身はありませんが、今回も同じくらいいい』と好感触を得てくれていましたね。追い切り後もカイバをペロッと食べていますし、どれだけやっても食いが落ちず、体が減らないというのはこの馬のストロングポイントです。来週は当週になりますから、もうそんなに時計は出さない予定で、疲れを残さず、大一番に向かいたいと思っています」と好調を伝えてくれました。
 追い切り明けの本日は軽めの運動を消化していました。
戦績  戦績詳細を見る
※ ( ) は地方転籍時の戦績です。
戦績 1着 2着 3着 4着 5着 着外
7戦 1勝 1 2 1 0 0 3
調教タイム
追切日 騎乗者 コース 状態 8F 7F 6F 5F 半M 3F 1F 回り場 脚色
5/6 助 手 美南W 68.7 52.8 39.2 12.4 5 馬ナリ余力
マイネルティプトン(三未勝)強めの内0.4秒追走同入
5/3 助 手 美南坂 60.9 44.2 29.1 14.9 馬ナリ余力
4/29 横山武 美南W 66.9 51.3 38.1 11.9 7 直強め追う
マイネルアプラウス(古馬1勝)強めの内0.6秒追走0.4秒先着
4/26 助 手 美南坂 57.4 42.0 27.6 13.4 馬ナリ余力
アルバム
2020年3月19日
2020年2月21日
所属馬情報
所属馬一覧
戦績
近況
調教タイム
アルバム
会員様専用マイページ
会員ID
パスワード
会員様専用マイページへ初めてログインされる方はこちら
所属馬検索
育成場のご紹介
ホームウインについて会員募集募集馬情報出資予約出走情報所属馬情報MORE ウインお問い合わせよくある質問サイトマッププライバシーポリシー
ウインレーシングクラブ携帯サイトはこちらのQRコードから
ウインレーシングクラブでは、
セキュリティー保護のため
暗号化通信を導入しています。
Copyright 2002-2012 Win Racing Club. All Rights Reserved.